車の板金塗装、車のきず・へこみの修理なら佐藤自動車へ【東京・神奈川】

車の板金塗装・車の修理なら佐藤自動車【東京・神奈川】

フロントドア | 車の板金塗装、車のきず・へこみの修理なら佐藤自動車へ【東京・神奈川】

Tagged
ポルシェ・マカン板金修理/ドア凹み復元板金技術の修理工場
「ドアにひどい凹みができてしまった!元通りに修理することなんてできるんだろうか?」 このようなお悩みをお持ちの方は多くいらっしゃいます。 ご安心ください! 復元板金技術のある修理工場であれば、大きな凹みもちゃんと直すことができますよ。 具体例として、ポルシェ・マカンの修理事例をご紹介します。左のフロントドアの板金修理で...
ベンツ/ドア交換で40万円以上!修理でも大丈夫。その理由
車の目立つ傷や凹みを直すとき、費用をなるべく安くする方法をご存じでしょうか? それは、新品部品に交換するのではなく、傷ついた部品をそのまま生かして修理することです。 実際、当社ではこのような「交換ではなく修理」を得意としており、ディーラーさんに頼む金額の半額程度で直すことも可能です。 実際の例として、この記事では、ベン...
ベンツGLC板金修理とパネル交換 ディーラー以上の仕上がりを追求
今回は、メルセデス・ベンツのGLCというお車の修理事例をご紹介します。 右のフェンダーパネルが大きくヘコんでしまい、ドアにも損傷ができていました。ディーラーさんに依頼すれば、フェンダーもドアも両方交換扱いになり、高額になってしまうような事例です。 当社のほうで傷や凹みをよく確認した結果、ドアはそのまま修理できますし、フ...
BMWを格安修理する為に中古ドアに交換!車の価値を下げない修理方法。
「車の傷やヘコミを、なるべく安く直したい!」 お車の修理にはある程度まとまったお金が必要ですから、値段は切実な問題だと思います。 そこで今回は、格安で修理できた具体例として、BMW3シリーズの事例をお伝えします! 右側のフロントドアとリアドア、スポイラーが損傷していたので、そちらを直したものです。 安い値段にできた理由...
BMW・X5/ドアを交換した理由と板金にした理由。プロの見解と助言!
今回は、BMW・X5のドア板金にまつわる修理事例をご紹介します。 フロントドアとリアドアにかなり大きな損傷が入り、片方のドアは「修理」、別のドアは「交換」を行うことにしました。 基本的には「修理」のほうがコストが低くなりますが、傷の具合によっては、むしろ「交換」を選んだほうがお得になるパターンもあります。 それでは、実...
BMW/X3のドア交換・フェンダー交換・バンパー修理その事例
「何か所も傷ができてしまったけれど、ちゃんと綺麗に、そしてなるべく安く修理したい…」 今回は、こんな方向けにBMW X3の修理事例をお伝えします。 今回のお客様は、遠方からご来店いただきました。 当社・佐藤自動車のホームページをご覧いただき、修理事例などをたくさん見ていただいたうえで、「佐藤自動車であれば任せられる」と...
アウディA6板金塗装【こだわり技術と設備】大きな凹みはドア交換が必要?
今回は、アウディA6の修理事例をご紹介します。 右側のフロントドアおよびリアドアを交換して、後ろのパネルおよびリアフェンダーを板金しました。 非常に大きなへこみができてしまっていたため、今回はドアを新品に交換しました。 一方で、「事故車」にならないよう、当社・佐藤自動車だからこそできる工夫もおこなっています。 それでは...
マセラティ板金塗装アルミボディでも修理可能!【交換の半額以下】
「車がアルミボディの場合、修理してもらえるのだろうか?」 このようなお悩みをお持ちの方は少なくありません。 そこで今回は、アルミパネルのお車を扱った例として、マセラティ・レヴァンテというお車の、左フロントドアの板金修理をご紹介します。 マセラティは、イタリアの高級スポーツカーメーカーです。 レヴァンテというお車は特殊で...
車のプレスラインを使ったプロの板金修理方法【永久保証ができる訳】
今回、フォルクスワーゲン・ゴルフの修理事例をご紹介します。 フロントドアの下部分にできた傷と凹みを直すものです。 この記事では、「プレスラインを利用することで、完成度の高い修理ができる」というお話をします。 「プレスライン」とは、車のパーツとなる鉄板をプレス機で抑えたときにできる凹凸のこと。 このプレスラインが入ること...
ドアとフェンダーを中古部品に交換【車両保険金額内で】大満足事例
今回は、「車両保険」を使用した、フォルクスワーゲン・ゴルフの修理事例をご紹介します。 車両保険を使うと、現金払いに比べて、お車にとってよりよい修理ができるという特徴があります。 しかし、一つだけ注意点があります。 車両保険には設定金額、つまり、お金の上限があるということです。 今回のケースでは、すべて新品部品で交換した...