車の板金塗装、車のきず・へこみの修理なら佐藤自動車へ【東京・神奈川】

車の板金塗装・車の修理なら佐藤自動車【東京・神奈川】

リアフェンダー | 車の板金塗装、車のきず・へこみの修理なら佐藤自動車へ【東京・神奈川】

Tagged
輸入車の格安中古ドア交換!リサイクルパーツを使用した修理事例紹介!
大切なお車が傷ついてしまうと、ショックですよね…。 お車が輸入車ですと、国産車に比べて、修理にかかる費用も高くなりがちです。 今回お伝えしたいのは、もし修理の値段を安くしたい場合、「リサイクルパーツ(中古部品)を使う」という選択肢があるということです。 「でも、中古の部品なんて使って大丈夫なの?」とご心配なさるかもしれ...
BMW新品ドア交換でもディーラーより安い理由と永久保証その理由!
「ディーラーに見積もりを頼んだら、費用が高くて驚いた…!」 こんな経験をしたことがある方は、少なくありません。 ですが、修理費用というのは安く抑えることができるんです! 当社・佐藤自動車では、ディーラーさんより安く、それでいて、よりお得な修理サービスをご提供させていただいております。 参考事例として、BMW3シリーズを...
ベンツAクラス板金修理!事故車にならず価値を下げない傷ヘコミ板金塗装技術。
損傷した車は必ず「事故車」になってしまう…そうお考えではありませんか? 適切に修理することで、傷ついたお車も、事故車扱いを回避することができますよ! 今回はそんな具体例として、ベンツAクラスの修理事例をご紹介します。 リアドアとリアフェンダーに大きな傷とヘコミがついてしまったので、それを直していくものです。 かなりひど...
アウディA4/板金塗装工場によって仕上がりは全く違う。永久保証の板金技術
「車の修理は、どの板金塗装工場に依頼しても同じなんじゃないの?」 「値段が高いのがネックだけど、やっぱりディーラーさんに頼んだほうがいいのかな?」 このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 結論から言うと、修理したときの完成度は、板金塗装工場によってまったく異なります。 また、ディーラーさんに依頼...
ベンツのドア大損傷/これを修理してくれる工場は少ない!そんな事例
今回は、メルセデス・ベンツのEクラス、リアドアとリアフェンダーの板金修理をお伝えします。 ドアにかなり大きな傷が入ってしまい、通常であれば交換一択と思われそうな損傷具合でした。 佐藤自動車にお任せいただき、結果として、新車のように綺麗に直すことができました。 具体的にどのような作業をしていったのか、画像とともにご覧いた...
アウディA3/大きなへこみを板金修理、ディーラーでは交換で事故車になるケース
お車に大きな傷やへこみができてしまったとき、真っ先に思い浮かぶのは「新品と部品を交換すること」ではないでしょうか。 しかし、ディーラーで交換作業をおこなうと「事故車」扱いになってしまいます。 事故車扱いを避け、お車を綺麗にする方法はあります。 今回は具体例として、アウディ A3のリアフェンダーの板金修理の事例をご紹介し...
ベンツA180傷とヘコミ修理を画像で紹介!【バンパー・フェンダー】
今回は、ベンツAクラス(A180)の修理事例をご紹介します。 具体的には、左のリアフェンダーとリアバンパーの傷、ヘコミ修理となります。 大切なお車をお預かりするからには、必要な時間をかけて、丁寧に作業することが大切です。 この記事では、佐藤自動車が実際にどのような作業をおこなっているか、画像とともに詳しく解説していきま...
ベンツGLE /ドアとフェンダー板金修理。修理専門工場の技術と金額。
「高級車の場合は、ディーラーじゃないと直せない」 「修理にかかる金額が高くなってしまうのは仕方ない」 とお考えではありませんか? 技術のある専門工場であれば、修理はもちろん、金額面でもお得にお車を直すことができますよ。 今回は具体例として、ベンツ・GLEの修理事例をご紹介します。 GLEの左側のリアドアには、ちょっとし...
フィアット・パンダ /バンパーの傷!安く綺麗に修理する方法。
「輸入車は、ディーラーでないとちゃんと直せないのではないか?」 このようにお考えの方は多くいらっしゃいます。 しかし、どうかご安心ください。 技術力のある修理工場なら、輸入車でもディーラーより安い費用で、しっかりと直すことができます。 今回は具体例として、当社・佐藤自動車でおこなった、フィアットのパンダというお車の修理...
ベンツ保険修理で損しないためにプロの助言と修理方法。
今回は、「車両保険を使った修理の具体例」として、ベンツEクラスの修理事例をお伝えします。 車両保険を使うため、お車にとって一番いいやり方での修理施工をご提案させていただきました。 なぜ車両保険を使うと一番いいやり方になるのかというと、「使った金額のよって来年の保険料が変わってしまう」というわけではないからです。 100...