車の板金塗装、車のきず・へこみの修理なら佐藤自動車へ【東京・神奈川】

車の板金塗装・車の修理なら佐藤自動車【東京・神奈川】

板金塗装・傷修理事例 ( 2 )

Category
フェンダー「プレスライン」を綺麗に修理するための板金へのこだわりと技術
ぶつかってしまったフェンダーラインは、板金で完璧に元通りになるのでしょうか? BMWのリアフェンダーには、綺麗なラインがデザインされています。 今回の修理においてもっとも重要なポイントのは、ラインを復元することです。 デザインの幅や角度、高さなど正確に復元することが、仕上がりレベルを左右します。 それでは、BMW220...
スポイラーの凹み修理/隙間と高さの調整が重要!【BMW】
スポイラーに凹みができた場合、 スポイラーは交換しないで修理にしても、ドアとの隙間や高さは変に見えないのか!大丈夫なのか! 今回はBMWの3シリーズのリアドアおよびスポイラーが損傷したケースでご説明いたしますが、ドアとスポイラーが一緒にぶつかっている場合、高さ調整が重要なポイントです。 たとえドアが綺麗に直っても、スポ...
BMWのバンパー「ガリ傷」修理!深い傷の時に交換にしない熟練の技
BMWのバンパーに「ガリッ」と深い傷がついてしまった場合、バンパーは交換になってしまうのでしょうか? 修理で可能なんでしょうか? 浅い傷であれば全く問題ないのですが、深い傷となりますと修理する為には知識と経験が重要となります。 バンパーは樹脂製なので、削れば削った分だけ、膜厚がなくなってしまいます。 深い傷でも削り落と...
プジョーの板金塗装、ドア交換でなく鉄板強度を復元させる当社の修理技術
プジョー508の板金塗装による修理事例をご紹介します。 フロントドアが大きく損傷してしまった今回のお車。 部品を交換しなければならないかのような凹みが、ドアのラインを板金で整えることによって「強度が復元」し修理が可能となります。 なお、衝撃が強ければ、下の方がぶつかっただけでも凹み・歪みが周りに大きく波及するので、その...
BMWドア板金修理/損傷の見極めが完成度を左右する!プロの技術
ドアの板金塗装では、なにが完成度を左右するのか! ドアが鋭角に損傷すると、歪みが波及して、強度が落ちます。 重要なのは「その強度を復元すること」です。 これをおろそかにすると、歪みが復元できず、あとから凹んでくることも考えられます。 それでは、実際の修理でご説明いたします。 BMW、ドア損傷状態 こちらは、お車の損傷状...
BMWフェンダー交換に技術力は必要ない?損しない為にプロが画像で解説
BMWのフェンダー交換ならどこに依頼しても大丈夫? フェンダーを交換するだけならどこの修理工場に依頼しても大丈夫だと思っていませんか? 技術力はそんなに必要ないと思っていませんか? 今回の重要ポイントとしては、どんな車種でもそうですが、「交換部品に塗装がされてくることはない」ということです。 つまり、その工場で色作りか...
板金修理と交換ではどっちが得?新車のような復元へプロのこだわり技術と助言
車両保険を使って修理する時に、損しない為に知ってほしい事。 ドアは交換が良いのか? 修理が良いのか? フェンダーは交換が良いのか? 修理が良いのか? 何が得で何が損なのかって普通の人は全く分かりませんよね。 車両保険料の来年の等級は「修理金額」ではなく「使用回数」で決まるため、保険を使う場合は、修理代の高い・安いを気に...
バンパーが切れても破れても交換しなくて大丈夫!修理工程を画像でプロが解説
バンパーが破れた場合、基本的にディーラーさんなどでは「交換」と言われます。 そして交換になれば、20万円以上の金額です。 一方、プロの技術者の目によって「本当に直すべき箇所はどこか?」を判断できれば、修理金額は半額以下です。 私たちは何をどう判断し提案しているのか、メルセデスベンツE63のフロントバンパーの実際の修理工...
ポルシェカイエンの左フロントフェンダーとドア凹みキズ
音声でもご紹介してますので、聴きながら記事を見ると分かりやすいです(^ ^) 今回は輸入車好きなら誰もが知っている。 車好きなら誰もが乗ってみたいと思っている。 車に詳しくなくても、名前を聞くと「あっ、知ってる!」となる、ドイツの有名スポーツカー 『ポルシェ・カイエン』 の左フロントフェンダーと左フロントドアの凹みキズ...
自動車の鉄板パネルが切れて凹んでも交換せずに修理できる!格安の理由
今回は、ドイツの自動車メーカー・アウディのA7スポーツバックの修理事例をご紹介します。 こちらのお車は、リアドアとリアフェンダーに大きな凹みと切れができており、ディーラーさんであれば、間違いなく交換となってしまう損傷です。 その上、 交換になると事故車扱いになってしまうため、車の価値が落ちてしまいます。 しかし、佐藤自...